カテゴリー: マネジメント

  • グローバルレベルのマネジメント

    アジア撤退企業に共通する「日本式マネジメント」の時代錯誤 岡田兵吾氏 http://diamond.jp/articles/-/90060 (抜粋) 「5-15の法則(Five Fifteen Rule)」・・・ビジネス […]

  • グラノヴェッター「弱い紐帯の強さ」解説

    グラノヴェッター「弱い紐帯の強さ」解説

    弱い紐帯の強さ (論文について) Granovetter, Mark S. (1973) ”The Strength of Weak Ties” American Journal of Sociology, […]

  • 同じ目線になる

    同じ目線になる

    自分の性格やポリシーを考えると「目線を同じにする」ことを重んじてるなと。 誰にでも同じように話すよね。 職位や肩書が上の人には論戦持ちかけるよね。 下の人は引き上げたいよね。 失敗した人は守るよね。 とすれば当然軋轢も生 […]

  • かたって、もっと、くまもっと~総合計画づくりワークショップ

    かたって、もっと、くまもっと~総合計画づくりワークショップ

    熊本市主催の「かたって、もっと、くまもっと~総合計画づくりワークショップ」に参加。 熊本市の総合計画を大西一史熊本市長のマニフェストと合致させる期間、8年で作成するためにの市民会議。 熊本市WEBSITE上の記事 例えば […]

  • 進化するということ・・・ウィルスと私たちの活動

    進化するということ・・・ウィルスと私たちの活動

    2010年の記事ですが、”ヒトのゲノムにRNAウイルス遺伝子を発見・・・4000万年前までに感染か 最初の「RNAウイルス化石」” http://www.jst.go.jp/pr/announce/20100107/ と […]

  • 老いるということは

    老いるということは

    老いるということが、経験を獲得することと同義であるなら、それは素晴らしいことだ。 20歳代の時には、若くて無理が効くから、若いうちに持ち得る「労働時間や労働量」こそが評価されるべきだと思っていた。 しかし、年齢を重ね、経 […]

  • 原因論ではなく目的論

    原因論ではなく目的論

    泣いて駄々をこねる幼児。 アドラー心理学によれば、「なぜ泣いているのか」より「何のために泣くのか」を検討することで問題の解決が図られるとする。 原因論より目的論。 子供の場合は、自分への注目を要求している。 取るべき対処 […]

  • ドラッカー翁の言葉~高年者の活躍

    ドラッカー翁の言葉~高年者の活躍

    ドラッカー翁曰く、 「高年者に対しては、機会の平等を与えなければならない。」 「できるだけ多くの退職高年者に、扶養される側から扶養する側に回ってもらわなければならない。幸い、彼らのほうが、手ぐすね引いて、声のかかるのを待 […]

  • ドラッカー翁の言葉~容易に意思決定ができる組織

    ドラッカー翁の言葉~容易に意思決定ができる組織

    ドラッカー翁曰く、 「組織は、意思決定が容易でなければならない。的確なレベルで決定を行い、仕事に移し、成果に結び付けられなければならない。」 知りたがりで決めたがりの上司は、「何でも俺に相談しろ。ホウレンソウだ。」と言う […]

  • 優先順位について・・・ドラッカー翁の言葉

    優先順位について・・・ドラッカー翁の言葉

    ドラッカー翁曰く、 「何もかもできる組織はない。金があっても人がいない。優先順位が必要である。あらゆることを少しずつ手がけることは最悪である。いかなる成果もあげられない。まちがった優先順位でも、ないよりはましである」 こ […]