進化するということ・・・ウィルスと私たちの活動

進化するということ・・・ウィルスと私たちの活動

DNA構造
DNA構造
2010年の記事ですが、”ヒトのゲノムにRNAウイルス遺伝子を発見・・・4000万年前までに感染か 最初の「RNAウイルス化石」”
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20100107/
というものがあり、初期の人類はウィルスに感染したことにより、生き物としての機能を追加してきているとのこと。

太古に感染したレトロウイルスが、胎盤の多様性の原動力だった!
http://www.natureasia.com/ja-jp/jobs/tokushu/detail/299

この事象を、現代の私たちの身の回りに当てはめて考えると、
1:外界からの情報取得=ウィルス感染
2:情報を自分の活動・事業に取り込む=ゲノム内への取り込み
3-1:活動・事業の失敗=一代限りで終わり・・・次世代には引き継がれない
3-2:活動・事業の成功=次世代に引き継ぐ可能性
4:成功事例の発表、理論や手法の共有=ウィルス拡散
5:1に戻る
というループが生み出される。

もっとも大切なのは1のプロセスで外界からの新生物の侵入を排除するか、しないのかということ。
完璧な免疫システムは、その生き物の進化プロセスを阻害する要素があるということ。

受け入れよう。感化されよう。行動しよう。
Receive, Reform and React.

ウィルスのヒト細胞内での動きに関する解説はこちら
「ウイルスの構造と増殖過程」
http://kusuri-jouhou.com/microbe/virus2.html