知ろうとする心


バートランド・ラッセル曰く、
「必要なのは、信じる心ではなく、それと正反対の、知ろうとする心である。」

今目の前にあるものは、本当は偽物かもしれない。究極的には、自分が真実だと決めたこと以外は真実ではないと言っても良い。
自分で真実を探すという行為は必要であり、高貴である。