継続性を高めるために~周りとの関係を良くしよう


真の改革者は改革するのみにあらず。さらなる改革が育つよう人を、組織を、そして風土を改革するものなり。

ガンガン新しいこと、面白いことをやっていこうと励んでいますが、上司から、「お前がいなくなった後のことも考えてやれ」と言われます。

だからといって力をセーブしろと言われているわけではなく、同僚や関係団体、委託先などの力が借りやすいような関係を作り、それら関係者も成長できるような仕事の枠組み、配分を工夫しろと言っているのだと解釈しています。

いつかは自分も死ぬわけですが、死んだ後も組織は生き続けます。
その組織が継続して発展していけるような改革手法を身につけなければということです。

言うは易し行うは難し。とは言えども、少なくとも「自己満足」の仕事ではなく、「自他満足」の仕事が出来れば、みな成長できそうだと思います。