共通番号制度が2016年1月スタート


報じられているとおり、共通番号制度関連法案が、今日参院で可決され、長く議論されてきた「行政の簡素化」か「個人情報保護」か、という議論が一応決着したことになる。

今後、2015年10月頃に全国民に番号が通知(希望者にはICチップと顔写真搭載の個人番号カードが発行)され、税や社会保障の記録保全や手続きの簡素化に効果を発揮すると見込まれている。

アメリカや韓国に比べれば「2周遅れ」の感があるが、後発の強みを活かして、聖域なく普及させ、願わくは民間サービスにも波及するようAPIを公開し、行政と民間とでWIN-WINの関係を作り、国民の生活を一変させてしまうような斬新なサービスを生み出して欲しい。

今こそ発展の時!

,