本日の次男のサッカー練習試合


九州学院中@西山中

九学は昨日まで期末試験でトレーニングできていないとのこと。
それを差し引いても4ー0の勝利はなかなかかと。

しかし、出来はそんなに良くはない。特に前半は突っ立ってる(走らない)プレイヤーが続出で、パスが繋がらない、ボールの出どころを狙ってないのでインターセプトができない。九学も西山もポゼッションがそんなにできる訳ではないので、パスを2~3本つないだら裏に出すのが主戦法。だからこそ、十分な態勢で裏へのロングボールを蹴られないようパサーにはプレスを掛けておきたい。でも走らない。プレスを掛けきれない。走らないのでセカンドボールも拾えない。

後半、ベンチの先生から、「ボールに寄るときの1歩目を速くする」という修正が入り、かつゲーム中には、先生から「準備!!」✕30回の声。九学も後半トレーニング不足で疲れて足が止まったためスコア的には圧勝。

西山の悪いときは、「簡単にプレーする」ことを「ワンタッチでプレーする」と勘違いし、ワンタッチのミスパスを量産するということがよくあったが、今日は後半からミドルサードまでは確実にツータッチでボールを運ぶ意識が出てきて安定した。

さあ、来週はいよいよ中体連。かなり期待してます!