人と機械の関係~同じコストなら人に費やすべき


機械は人を助けるために、人にできないことを補完するために導入される・・・。
とは思っていても、黙々と働き、ミスもない機械は人の働く場を駆逐している。
しかし、人にはあって機械にはないもののひとつに「ストーリー」がある。
世の中では、ヒットしたり注目を集めるときに、「ストーリー」が求められる。
健気に黙々と働く機械は、ある意味当たり前。
健気に黙々と働く人はドラマチックであり、物語に発展する。

人に資源を投入し、人を育て、仕事にストーリーを持たせ、ドラマを生み出す。
これは機械にはできないこと。