教育というものは

教育というものは

株式会社植松電機の専務取締役、植松努さんの言葉。

「教育というものは、死に至らない失敗を安全に経験させるためのものだった」(中略)「失敗をマイナスだと思っている大人がたくさんいて、その人たちがみんなの可能性と自信を奪ってきた」

教育というものは、失敗を前提に考えなければならないもの。失敗はリカバリーするときにこそ、そしてそれを予防する策を講じる過程にこそ、人を成長させる。その意味において、失敗には価値があると言える。