SCBの17箇条

第1:モノ作りを通じた地域コミュニティの構築

地域コミュニティブランドは地域活性化のための新しいマーケティング、ブランディングの手法です。金銭的資源が乏しい地域において、地域コミュニティを構築し、コミュニティの力で活動を興し、ひいては地域を活性化します。また、SCBにおいては、その活動の目的たる商品やサービスといったモノが必要です。モノ(商品やサービス)を販売し対価を得て資源と変え、コミュニティに再注入することでコミュニティの持続可能性が高まります。

これまではモノをブランディングすることが当たり前でした。しかし真にブランディングすべきは活動であり、つながりであり、コミュニティです。

SCBの17箇条の全文はこちら

モノ作りを通じた地域コミュニティの構築