★プラットフォーム型

目的=複数かつ多様な課題解決型の活動・行動を迅速化・効率化するための共通基盤(プラットフォーム:PF)を形成する。PF上で展開する課題解決型の活動同士をつなぎシナジーを生む。

(1)地域資源を探す
(2)地域資源を仮想化しピア化する
(3)ピア同士をブローカレス理論を用いてフラットにつなぐ
(4)ピアのつながりを用いてPFを形成する
(5)PF上に展開する課題解決型の活動からの要求に応じて機能を提供する
(6)PF上の活動同士をつないだシナジー効果により新たな価値、サービスを生む

星合2016

地域課題の解決手法 その2