スポーツ新聞の記者さんたちと


熊本競輪場で昨年5月にアンケートを取りました。「何をみて競輪の予想をしていますか?」

答えは、スポーツ新聞が5割。予想紙が3割。(標本数360)

これだけ絶大な影響があるスポーツ新聞の記者さんたち。いい人たちなんです。「自分の権限で600文字あるから熊本競輪マスコットガールのHARUKAちゃんを取り上げるよ」とか、「一度若松ボートか大村ボートのG1戦を見た方がいい。活気の違いを認識しておいた方がイイ」だとか。はたまた、競輪は当たる確率が低いから人気が無いんだと言って「50円券で2倍当たり安くしよう」とか。

みんな、競輪という文化を次の世代まで引継ぎたいと心の底から思っている。仲間に会えたという気がした・・・。

,