勝つサッカーは奪うサッカーか?


バルサスクール福岡の村松尚登さんが、サッカークリニックの中でこんなことをおっしゃってました。
「おもちゃで遊ぶ幼児の手からそれを取り上げると即座に奪い返そうと手を伸ばしてくる。この無駄のない、即座のアクションがボールを奪うことの本質である。」

以前ほどではないにせよ、日本に多数存在する「ポゼッション信奉者」は、ボールを奪うことよりもボールを動かして奪われないことの方が重要と考えるだろう。それは正しくもあり、正しくもない。なぜなら、いかにサッカーをするか(=プレーの選択)はサッカーをする者が決めるべきもので、する者の能力・考え方・技術によってさまざまに変化すべきものであるからだ。それらのプレーの選択は試合の中で幾度となく実施され、確たる意図をもって、ときにポゼッションが行われ、ときにダイレクトプレーが選択される。

さて、我がロアッソにどんなプレースタイルを期待するか・・・?
「ハーフウェーラインをちょっと越えたくらいのサイドに人を掛けて高い位置でプレス。奪ったらサイドバックの裏のスペースへ」
多分これが一番手っ取り早く勝ち点を稼ぐ方法!!