小保方貴之さんがの提示した「スキル持ち寄り型」「資源持ち寄り型」コミュニティについて、現代のコミュニティパターンをプロットしてみました。

SCBが提唱するセミピュアモデルを用いたコミュニティドリブンかつプロジェクトドリブンなアクティビティは右上に位置します。

プロジェクトローンチまでのアクティビティ設計をきちんとやることと、連携してシナジーを生み出すコミュニティの準備を実行しておくことが、成功の鍵だと思います。もちろん偶然つながることも予想しながら、必然的に生まれるつながりも準備しておかなければなりません。

スキル&資源持ち寄り型コミュニティ